岡田健史の高校野球時代もかっこいい画像!野球で甲子園出場も!?

岡田健史

『中学聖日記』の黒岩晶役で、彗星のごとく現れたルーキー俳優、岡田健史さん。

実は高校時代には野球で捕手(キャッチャー)をしていたのだそうです。

俳優として、年齢を超えた落ち着きとその存在感に魅了されます。そして、時に垣間見える可愛らしい微笑みは本当に魅力的です。

今回はそんな岡田健史さんの『高校野球時代』と『現在』のかっこよさを画像とともに書いていこうと思います。

スポンサーリンク

岡田健史の高校野球時代もかっこいい画像!

・岡田健史の高校野球時代もかっこいい画像!

小学2年生(8歳)から野球を始めた岡田健史さん。

7歳の時に両親に野球をやらせてほしいと頼んだそうですが、『だめ』『まだ早い』と言ってなかなか許してくれなかったそうです。

そこには『中途半端な気持ちで始めるぐらいなら、最初からやらないほうがいい』という親心があったようです。

『そうやって、本気を試してくれる親の元に生まれたことは、すごく恵まれていたと思います。常に対等に、本気で僕に向き合ってくれたということですから』と岡田健史さんは語っています。

プロへの夢も持っていた11年間の野球漬けの生活。

『才能がない分、練習はしていました。周りの誰よりもやっていたと思います』と岡田健史さんは当時を振り返っています。

高校では、特待生として長崎県諫早市にある創成館高校に進学。寮生活を送りながら野球の日々を過ごしたそうです。

特待生とはいえ、周りは実力派揃いのライバル達。レギューラーへの道はけわしく、高校3年生の時、長崎県大会の3回戦で初めてキャッチャーとして先発出場も準々決勝で敗退の後引退。

甲子園の夢は叶わずでした。

普段から冷静で、負けた瞬間は、負けた要因を瞬時に考え分析するという岡田健史さん。

しかし、甲子園を逃したその時には、両親の顔を見た時には、涙が出たそうです。

岡田健史さんはその時の事を振り、

「今まで自分勝手に野球をやらせてもらったのに、しかも家族と離れてすごくお金もかかるのに、協力してくれたのに、結果を出せなくてごめんっていう気持ちで涙が出ました」

と語っていました。

11年間の岡田健史さんの野球時代の幕が下りた瞬間でした。

・岡田健史の笑顔もかっこいい画像!

なんとも優しい横顔です。

保護者から「イケメンキャッチャー」と呼ばれていたそうですが、納得ですね!

5年間スカウトし続けた事務所のスカウトの方の気持ちもとても良くわかりますね!

岡田健史さんが長年されてきた野球。中でも、キャッチャー(捕手)とは、『第二の監督』であり『ゲームメーカー』なのだそうです。

なるほど確かに、俳優としての岡田健史さんを見ても、野球のキャッチャーの経験で培われた、主体的に考え、動き、動かす能力が高く身についているのだと感じますね。

スポンサーリンク

岡田健史在籍中の【創成館高校野球部在籍中の野球部の成績】

●創成館高校野球部が出場した全国大会●

2013年春

2014年春

2015年夏

2018年春・夏

の各大会に創成館高校野球部は甲子園大会に出場しました。

岡田健史さん1年生:2015年夏の大会

『第97回全国高校野球選手権大会』

では、創成館高校野球部は甲子園出場を果たしていますが、岡田健史さんは1年生で、残念ながら大会には出場しなかったようです。

●創成館高校野球部が出場した長崎県大会●

・平成29年度 長崎県高等学校1年生大会【優勝】

・NHK杯 長崎高等学校野球大会【優勝】

・九州地区高校野球長崎県大会【優勝】

・第97回全国高等学校野球選手権長崎大会【優勝】

強豪校と言われるだけあり、残した成績もすごいですね!

●2017年に創成館高校野球部が出場したその他の大会●

残念ながら岡田健史さんは出場していませんが、11月に行われた

『第48回明治神宮大会』

では創成館高校野球部は準優勝しています。

優勝した明徳義塾や大阪桐蔭など名だたる強豪校が出場しました。

スポンサーリンク

岡田健史の現在もかっこいい画像!

・岡田健史の始球式がかっこいい!?

2019年5月11日に行われた福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズ戦の始球式で岡田健史さんが努めた時の画像がすごいです。

画像からでもそのスピード感が分かります。

この日岡田健史さんの投球は119km/hをマーク。

会場を驚かせました。

 

岡田健史さんの創成館高校野球部の一年後輩で、2019年に阪神に入団した河原陸投手とは県大会でバッテリーを組んだこともあるのだそうです。

岡田健史さんの礼儀正しさもまた、岡田健史さんらしいですね!

・岡田健史の横顔もかっこいい!?

整った顔と物腰の柔らかさであらゆる世代からのファンを獲得している岡田健史さん。

穏やかに話す声もなかなかの魅力です。

そんな岡田健史さんが好きな自分の顔のパーツは『父親譲りの鼻』なのだそう。

岡田健史さんのお父さんもかっこいい方なのでしょうね!

スポンサーリンク

岡田健史が俳優を目指した経緯は!?

中学1年生の冬に初めて芸能事務所(スパイスパワー)からスカウトをされ、それから5年に渡ってスカウトを受けていた岡田健史さん。

その時は、プロを目指して小学2年生から続けていた野球に没頭していたためにスカウトを断り続けていた岡田健史さん。

高校3年生の2017年に甲子園の夢が消え、野球部を引退。その後に演劇部の顧問の先生に「助っ人として大会に出てくれないか」と声をかけられ、県大会に出場し、特攻隊員を演じた。

九州大会で『最優秀賞』を受賞し、全国大会へ出場。

「感じたことがないほど気持ち良かった」と野球から演技へと気持ちが動き、俳優を志すようになったそうです。

2018年、現在の事務所に所属し、芸能界に。

同年、テレビドラマ『中学聖日記』で、500人を超える応募者の中から有村架純さん演じる中学校教師の相手役に抜擢され、俳優デビュー。

2019年には『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』でテレビドラマ初主演となった。

2020年には『弥生、三月-君を愛した30年-』で映画初出演を果たした。

同年、11月公開予定の映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』にも出演予定で、若手の俳優の急成長株だと言えるのでは無いでしょうか。

岡田健史さんは、まさに『彗星のごとく現れたルーキー俳優』ですね!

スポンサーリンク

岡田健史の魅力はなに!?

岡田健史さんは、その姿を見ているだけでどこか創作意欲を刺激される人では無いでしょうか。

サラリーマンから悪役まで、様々な役をこなせるのでは無いだろうかという歓喜のような期待がわいてくるのは何故なのでしょう?

岡田健史さんは年齢を飛び越えられる落ち着きと、年齢相応さが同居しているそんな人だと感じます。

5年間、岡田健史さんをスカウトし続けたスカウトの方の眼力は確かなものだったのですね!

最初に声をかけられた時、給食着を振り回していたという岡田健史さん。中学1年生らしい様子が微笑ましいです。

聞かれるがままに名前などを言ってしまい、後でお母さんに怒られたそうです。

スポンサーリンク

岡田健史のこれからもかっこいい!?

少年っぽさを残すことも、大人っぽくなることもできる、そんな俳優・岡田健史さん。

年齢を重ねれば重ねるほどに、素晴らしい俳優に成長して行く予感が止まりません!

撮影中の動画もかっこいいです!

(※クラクションの音注意です(>▽<)!!)

Fashion Week paris 2019-2020 Kenshi OKADA 岡田健史

【Fashion Week paris 2019-2020 Kenshi OKADA 岡田健史】

落ち着いた姿がとても素敵です。

これからも活動の幅はどんどんと広がっていくことでしょう!

スポンサーリンク

岡田健史のプロフィール

名      前:岡田健史(おかだ けんし)

生年月日:1999年5月12日(21歳)

血 液 型 :O型

出 生 地 :福岡県

身      長:180cm

趣      味:筋トレ

職      業:俳優

活動期間:2018年~

事 務 所 :スパイスパワー

スポンサーリンク

まとめ

高校野球時代には残念ながら甲子園出場をのがした岡田健史さん。

現在は俳優として確実に自分の世界を広げていっていますね。

岡田健史さんのこれからの活躍もとても楽しみです!

応援しています。

頑張って下さいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました